ヴィンテージ感のある住宅

ヴィンテージ感のある住宅 アメリカ大陸の西海岸に位置するカリフォルニア、常に太陽の光と海からの潮風にさらされているのですからユーズド感・ヴィンテージ感ある素材を使用することでカリフォルニアスタイルが作れます。
本物のヴィンテージ品はお値段も高い、ですが要は使い古した雰囲気がカリフォルニアスタイルなのですから本当に使い古されたものを配置するようにしてみましょう。
例えばフリーマーケット・骨董市などに行って良さそうなアイテムをゲットしてくるのもいいです。
最近では自宅に居ながらにして、インターネット経由でも手に入ります。
古材をもらってきて切って家具にするもよし、自分たちで木に白いペンキを塗ってやると素人ゆえのムラ感やラフさがよりいい感じに仕上げてくれます。
思い出作りも出来て素敵なお宅も仕上がる、カリフォルニアスタイルは家族の絆も強めてくれるインテリアなのです。
どこか一か所だけ思い切って本物を取り入れると、更に空間が引き締まります。

ウォールナットを使用するメリットデメリット

ウォールナットを使用するメリットデメリット "カリフォルニアスタイルの住宅は、木材をふんだんに使ったナチュラルな雰囲気が特徴です。
そして白を基調とした明るい雰囲気も良いですが、敢えて暗い色を使用するという手もあります。
そこで活用できるのがウォールナットで、木材の状態ですでに暗い色をしています。
そのためニスや塗装などを施すことなく、自然なままの暗さを演出可能です。
また表面は若干の光沢を伴って、ツルツルとした質感をしていて、その光沢が高級感を醸し出します。
その上数ある木材の中でも耐久性が高いのが特徴で、住宅の素材や家具など幅広く活用することができます。
ただウォールナットは価格が高いため、自由自在に取り入れるのは難しいかもしれません。
さらに独特の暗い色は、時間の経過ともに薄れて明るくなっていきます。
したがって暗い色を維持するためにはメンテナンスが欠かせません。
カリフォルニアスタイルとして取り入れるのであれば、価格に見合った範囲とメンテナンスのしやすさを考えると良いでしょう。
"